ショップリード文

1/144 中島飛行機長距離爆撃機G10N-1富嶽(ふがく)/アニグランド4010/【お取り寄せ商品】 ANIG4010

12,636円(税込)

定価 14,040円(税込)

購入数
1/144 中島飛行機長距離爆撃機G10N-1富嶽(ふがく)/アニグランド4010/【お取り寄せ商品】
レジンパーツ数 111ケ 全長319mm・全幅437mm レジンキットの 1/144スケールの試作・計画機がおまけで付属します!(キ-98 梅花 神龍)レジンキャストキットですので、若干の気泡や部品外れが有ります事をご了承の上お求め下さい。使用カラー・説明書には具体的なカラー番号は有りませんので、お手持ちの資料などで調べた上塗装下さい。
上面 ダークグリーン 下面 ライトグレイ 機銃 ガンメタル プロペラ デーィプブラウン 見方識別帯 シグナルイエロー
----------
実機解説:1943年、戦況が悪化してきたなかで、中島飛行機は11000ポンドの爆弾を搭載して、米国の離着陸基地に直接攻撃を可能にする、長距離型の重爆撃機を開発しようとしました。彼らの最初の攻撃目標はアメリカ西部沿岸地帯に沿って爆撃をすることでした。このプロジェクトは、社内で「Z-爆撃機」と命名され、日本陸軍と海軍に提案しました。軍からの認可を受け、中島飛行機は爆撃機の仕様を確定させ、「G10N-1富嶽」と称されました。設計当初、中島製「ハ-54 36-シリンダー星形エンジン」を片方の翼に3基づつ計6基のエンジンを搭載し、5,000馬力を発揮する予定でした。しかし、「ハ-54」の構造があまりに複雑であり、信用度においても課題が山積していました。「Z-プロジェクト」は、中島飛行機がこのエンジンを用意するまで待つことはできなかったので、代わりに、三菱製「ハ-50」が使われることになりました。しかし、1944年2月、米海兵隊に硫黄島を占領されたあと、中島飛行機は戦闘機の製造に専念するため、全ての爆撃機開発及び製造を中止するよう命令されました。1979年、「ハ-50」エンジンは、羽田空港拡大の際に発掘され、現在、成田航空科学博物館に展示されています。
実機データ:翼長 63m.全長 46m.全高 8.8m エンジン 三菱ハ-50星形エンジン 6台搭載
最高速度 485 mph(780km/h) 定員 6名 武装 4 x 20mm cannon /20,000 kg (44,000 lb.) 爆弾搭載
----------
★売り切れてしまいましたので、【お取り寄せ商品】として対応させていただきます、ご注文から発送まで1−2ケ月位かかる予定です。
★問屋さん・メーカーに在庫が無く長くかかるときは、納期をご相談させていただきます。
★メーカーの都合で価格が改定されていましたときは、新価格に同じ値引率で対応させていただきます。
★【お取り寄せ商品】の発送は、品物が当店に届いた段階で以下のようになります。
■ 代引きのお客様 即日発送させていただきます。
■ クレジットのお客様 与信済みの場合 即日出荷
  未与信または与信切れの場合 与信手続きホームページをご案内いたします。与信が完了次第発送いたします。
■ コンビニ後払い 審査が通り次第即日発送いたします。
■ 【先払い】の銀行振込 振込先をメールでご案内・入金確認後発送いたします。
  ご都合で早くお支払いをしたいときは、ご連絡いただければ、先にお預かりすることも可能です、
  その場合は入荷次第・即日出荷させていただきます。

この商品を買った人はこの商品も買っています