ショップリード文

Chengdu J-20(殲撃20型)1/48 【アニグランド8001】【送料無料】【お取り寄せ商品】 ANIG-AA8001

29,160円(税込)

定価 32,400円(税込)

購入数
Chengdu J-20(殲撃20型)1/48 【アニグランド8001】【送料無料】【お取り寄せ商品】レジンキャストキット

★この製品は組み立てキットです。完成品ではありません。
★種類が多くて在庫しきれませんので、【お取り寄せ商品】としてお取り寄せいたします。
★価格が改定の場合は、表示価格と同じ値下げ率で対応させていただきます。
★【輸入品】ですので、ご注文から1-2ケ月で入荷予定です。
★メーカーの都合で生産中止になった場合は入荷しませんのでご連絡いたします。
★【受注発注】ですので、キャンセルは出来ません、あらかじめご了承下さい。
★お支払いをクレジットご希望のお客様は、入荷までに時間が掛かると、再度手続きが必要になりますので、決済をしないで終了してください、入荷後決済のページをご案内いたします。

実機解説 1990年代後期、中国人民解放軍空軍はステルス戦闘機プログラムを起動し、欧米向けのコードネームをJ-XXとした。成都飛機工業公司が、今回のプロジェクトの主な契約者に選出され、2009年、J-20を示したステルス戦闘機のプロトタイプが開発進行中であることを中国空軍指揮官が確認した。2010年末に非公式の軍事関連のウェブサイトに、J-20のものと思われる飛行を伴わない地上走行が確認された画像が掲載されたことで、その実態が明らかになった。2011年1月11日に初飛行に成功したと公表されたが、エンジンの詳細は明らかにされず、ロシアが提供した「サトゥールン117S ターボファンエンジン2基を搭載している可能性がある・・・」と、欧米メディアは伝えている。また、エンジン等の詳細を公表できないのは、「第五世代のエンジンが未完成のため」という説もある。
更にJ-20は、現在開発中のKLJ5(AESA)レーダーを搭載する予定となっており、多様な任務を遂行可能なマルチロールステルス機と想定される。米国防省は、中国が2020〜2025年を目途に実用化することを予想している。

実機データ:全長:21.1m 全幅:12.85m エンジン:2x Shenyang WS-10G ターボファン
最大速度:マッハ1.5(推測)乗員:1名 積載:未定
キット概説 *高品質レジン+クリアキャノピー+デカール付属!